浮気は繰り返す

浮気する男性のタイプ

浮気する男性にもさまざまタイプがあります。
一度だけのほんの出来心もあれば、何度も浮気を繰り返す男性も多く存在します。
こういった、たびたび浮気する男性は、たとえ浮気が発覚してパートナーや家族を深く傷つけてしまったとしても、ほとぼりが覚めるとまた繰り返すなど、浮気症と言われるような行動が見られます。

 

「ただの浮気」「遊び」「家庭は家庭」と自分では割りきっているつもりの男性も多く、パートナーと離婚などさらさら考えていない場合も多くあります。

 

・浮気を繰り返す男性に多いパターンとしては、
何事にも興味津々である
悪く言えば自己中心的な自信家
一見だれにでも優しい、異性を惹きつけるタイプ
恋愛に没頭する熱愛タイプ 
表面上だけで反省した態度を見せる、謝る など

 

育った家庭環境や家族構成によっても、その行動に似たパターンが見受けられる事もあります。
生真面目で慎重だが、浮気相手に本気になってのめりこみやすい長男タイプ。
お調子者で口がうまく、バレたとしてもただの浮気とうまく立ち回る次男や三男タイプなど。

 

タイプにかかわらず、浮気が発覚し揉め事になっても、男性が離婚を考えていない場合は平謝りする男性を許してしまう女性は多いです。
「離婚して生活がやっていけるのだろうか」
「子供にとって両親が揃っている方がよいのではないか」
などと悩み、結局自分が我慢すればと元の暮らしを継続する女性も多いです。

 

「据え膳食わぬは男の恥」と言われるように、男性はチャンスがあれば浮気をしてしまう生き物だとよく言われますが、自分から口説く場合もあれば、まったくそのつもりはなくても異性が寄ってくるなどのいわゆる「モテる」タイプもいます。

 

離婚は望んでいない為、パートナーの怒りを鎮めるためだけに平謝りする、反省した態度を見せるなど、根本的な問題解決にならないまま切り抜けようとする男性もいます。
「もう二度としない」は浮気者の常套句ですが、これが心から出た言葉なのかは当人が見極めるしかありません。辛い思いをし、それでも許した後に、また同じことを繰り返される苦しみは一度目より重いものになってしまう可能性があります。
そういった事態を防ぐ意味でも、素行調査をおこない、完璧な証拠をつきつけるのが肝心です。