浮気の悩み

本当のことを知りたい。一体どうやって始めればいいのだろう?

まずは落ち着いて、今までの暮らしを振り返ってみるのも大事な事です。
浮気するに至った原因がこちらにもあるとは限りませんが、小さなものから大きなものまで、パートナーと自身との関係性の中に、今悩んでいる問題の原因が潜んでいる事もあります。

 

本当の事を知るのはリスクがつきものです。いくら覚悟を持って冷静に受け止めようとしても、望んでいない真実は心に深く突き刺さります。
知ってしまった後はもう知らなかった時には戻ることも出来ません。

 

真実は時にとてもつらく、目を背けたくなるような厳しいものだと言われますが、真実を知ることが今後だれにとっての最善の行動なのか、だれの為そしてなんの為にどのような行動を取っていくのかをきちんと考え、予定立てる等、それにあたってまずは心の準備が必要です。

 

都合の良い話ではありますが、浮気はしていてもパートナーと「離婚したいとは思っていない」男性も多く、子供がいればなおさら「家庭をこわす気はなかった」と猛省の様子を見せたりもします。
「裁判沙汰になっても、不況なのに慰謝料払えない」「家庭は家庭で今のままでよい」など、自分勝手な理由だけで離婚したくない場合もあります。

 

このまま結婚生活を継続したい場合、大事なのは相手がこちらや家庭に対しどう考え、どう改め、どのように向き合って暮らしていくのか、その覚悟があるのかどうかです。
口先だけで謝罪し、また同じような問題を起こす男性も数多く存在します。
相手が本当に家族を大事に思っているのか、そして今後はどうしていくのか、その覚悟を確認するためには、言い逃れの出来ないキチンとした証拠を元に、冷静な話し合いの場を持って相手の本音を見極める事が大事です。

 

冷静に熟考する事はとても大事ですが、ひとりで悩み続けていても答えは出ません。
信頼できる親友や親などの家族に話を聞いてもらう事も大切です。
信用できる人を相手に状況を説明する中で、自身の中にある疑問点や怒りのポイント、望む形がより浮かび上がって見えてくるものです。
心から親身になって考えてくれる人は、興味本位などではなく、当人の気持ちになって、それぞれの体験も踏まえきっと良いアドバイスをくれるはずです。

 

そして今後、問題解決に取り組むと心が決まったら、具体的な行動予定を立て、真実を知る覚悟のもとプロにその手助けをしてもらうのが良いでしょう。