調査の行われ方

調査の流れ

納得出来る結論に向かって歩き出す為に、プロの調査会社に頼む方法があります。
大切なお金を払ってでも調査を頼もうと思った時点で、相手への疑惑はほぼ確信に近いものになっている事が多いです。
きちんとした証拠を手に入れ、正当な権利のもと話し合いを行う為に依頼する調査手段となります。

 

○浮気調査の流れ
情報量、難易度によって調査方法、かかる時間、費用が変わってきますので、事前に必要な情報を揃えておく事が望ましいです。それによって、費用削減、そしてよりスムーズに調査を開始する事が可能になってきます。

 

必要となる情報
・対象者の詳しい情報 
住所・氏名・年齢・家族構成・勤務先・通勤手段やルート・写真・見た目の特徴
鞄など普段の持ち物・車などのナンバーや自転車の種類・仕事やプライベートの行動パターンなど

 

  1. 調査会社へ浮気調査の依頼、まずは電話やメールなどでの相談も可能
  2. 相談員との面談による調査の打ち合わせ
  3. 調査の具体的な方法、金額、期間等の相談後の契約

    事前に提出できる調査対象者のデータが詳細であればあるほど良いです。
    行動予定日の予想が可能な場合は比較的短期間となりやすく、また、行動予測が不可能な場合は、調査員の増員や長時間の尾行や張り込みが必要になる事があります。

  4. 調査開始

    予備調査・下見調査・情報収集ののち、本調査への着手となります。
    尾行、張り込み、追跡などの調査で、女性とホテルへ入る、女性宅へ通うなどの浮気の事実証拠の写真や動画の撮影を行います。

  5. 随時連絡、報告

    調査員との電話やメールでのやりとりで経過を把握、相談

  6. 調査報告、調査報告書作成

    調査完了時、報告書を作成してもらう事により、以後、事実を元にした話し合いが出来、裁判になった場合も期間が長引いてしまう事を避け、慰謝料の請求や財産分与、親権などの主張や請求もこちら側が有利に行えるようになります。

  7. アフターフォロー

    話し合いや裁判・訴訟を踏まえ、アドバイス等のカウンセリング相談